チラシ・パンフレットの印刷に使う用紙、どう選ぶ?

チラシやパンフレットを印刷するときに、使用される用紙にも色々あります。
厚いもの薄いもの、光沢の有り無し、表面がツルツルかザラザラか…など特徴もそれぞれです。
使用する目的に合わせて用紙を使い分けると効果的です。

汎用紙

一般的に印刷でよく使われる用紙として、コート紙、マットコート紙、上質紙があります。
これらはだいたいの印刷会社で扱われていて、利用しやすいと思います。紙の厚さもバリエーションが多いです。一般的なチラシや会社案内、サービス案内などへの利用におすすめです。

  • コート紙:光沢のある表面処理がされていて、写真などの色が鮮やかに再現できます。
  • マットコート紙:光沢を抑えた表面処理がされており、色の再現性も良いです。光沢の具合はコート紙と上質紙の中間くらいです。
  • 上質紙:表面処理がされていない用紙です。色の再現性は上記2種よりはやや劣りますが、落ち着いた仕上がりになります。

特殊紙

上記の用紙以外にも様々な種類の用紙があります。印刷会社によって扱っている種類はまちまちです。
表面の手触りや、紙の色あいなども様々あります。(画用紙調のもの、ツルツルのもの、和紙調のもの…など様々あります)
商品パンフレット向けに商品の特徴の雰囲気に合う質感の用紙を利用したり、厚みのある用紙を使用して高級感を出したり、こだわりのある印刷物を制作したいときの利用におすすめです。
一般的に、汎用紙より予算がかかる場合が多いです。

用紙の厚さについて

用紙の厚さを表す単位としてよく「kg」が用いられます。これは、一定の大きさの紙1000枚あたりの重さを表しています。紙が厚いほど重くなるわけです。この単位は「連量(kg)」と呼ばれています。

一過性の情報を掲載した(セールの告知など)不特定多数に配布するチラシは薄めの用紙を使用、名刺や長期間保管して欲しいパンフレットは厚めの用紙を使用するなど、使用用途や使用期間などを考慮して用紙の厚さを決めるといいかと思います。

制作時にどんな用紙を使ったらいいか迷った際は、ぜひご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です