ネットで印刷会社に注文してみよう

印刷といえば、昔は印刷会社に発注するのもハードルが高いものというイメージでしたが、近年はネットの印刷通販が数多くあるので、個人でもずいぶん発注しやすくなったなと思います。

とはいえ、初めて発注するとなるとどうすればいいのか…と迷うこともあるかもしれません。今回は、ネット印刷通販を選ぶときのポイントについて書いてみます。
ネットで発注できる印刷通販も様々な会社があり、それぞれに特徴があるので、ご参考にしていただけたら幸いです。

どんな商品を扱っているか
会社によって、扱っている商品は少しづつ違います。
基本のチラシ、名刺、ポストカードならどの会社も扱っていますが、それ以外の商品(ポスター、冊子、シール…などなど)については会社によって扱ってなかったり、バリエーションが少なかったりする場合もあります。

取り扱いの用紙の種類
用紙の種類も会社によって異なります。たくさんの種類から選べる会社もあるし、定番もののみということもあります。
定番の用紙としては下記があります。
・コート紙(表面加工があって発色が良い/光沢あり)
・マットコート紙(表面加工があって発色が良い/光沢なし)
・上質紙(表面加工なしで落ち着いた発色/光沢なし)

取り扱いの用紙サイズ
用紙のサイズは、チラシや冊子だとA4サイズ、名刺・ポストカードの定番サイズはどこでも扱っていますが、それ以外のサイズだと(A3、A5、B4、B5…など色々あります)会社や商品によって扱っているものが異なります。

納期について
基本的には、オフセット印刷よりオンデマンド印刷(後述)の方が納期が短いです。また、納期までの日数が複数設定されており、納期を長くするとその分価格が安くなることが多いです。
納期のカウントの仕方は色々あり(データ入稿※した時点、支払いとデータが揃った時点など)、必要な日付が決まっている場合は要注意です。
※入稿:制作した印刷物の原稿を送付すること。現在は、制作データをWebシステム上やメールなどで送付することが多いです。

価格と仕上がりの品質
印刷通販にも色々なタイプがあり、安ければ安いほどよい…とシンプルにはいかなかったりします。それは印刷の仕上がりに各社微妙な差があるからです。
サイズや、印刷位置のような基本の部分はどの会社でもほぼ変わらないのですが、印刷のきれいさ(発色のきれいさ)が会社によってけっこう違ったりします。
そのため、目的に合わせて(大量に必要なのでとにかく安くとか、印刷の仕上がりにこだわりたい…など)選ぶといいと思います。
仕上がりについては実際納品されるまで分からない面もありますが、ホームページで「安さ」「品質」どちらを強調しているかである程度は見分けられるかもしれません。

どんなソフトで原稿を作るのか
印刷物というと、通常は Illustrator、Photoshop、InDesign などのAdobe社のソフトを使って制作しますが、現在はマイクロソフトの Word、PowerPoint など一般的なソフトで制作したデータも受け付ける会社もあります。
使用ソフトでの入稿ができるかも調べてみましょう。

オフセット印刷とオンデマンド印刷について
それぞれ印刷の方式です。今回は具体的な方法については省略しますが、印刷会社のホームページなどで解説されていることもありますので、気になる方は見てみるといいと思います。
発注する場合は下記の傾向があるので、注文する内容によって使い分けます。
・オフセット:大量印刷向き。印刷部数が多いほど単価が安くなる。納期長め。
・オンデマンド:少量印刷向き。印刷部数が少ない場合はオフセットよりお得。短納期にも対応。
印刷の品質は、どちらかというとオフセットの方がきれいかとは思いますが、現在はオンデマンド印刷でも遜色なくきれいに印刷できる場合が大半です。

*****
というわけで、最後までお読みいただきありがとうございます。
エヌエスデザイン では、ネット印刷会社の発注代行も承っておりますので、お気軽にご相談ください。
エヌエスデザイン Webサイトはこちら

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。